15日 1月 2018
セルフイメージって高い方が良いって思っていませんか?もちろん、低いイメージでは、卑屈になったり自信がなくて前に進めなかったりとステップアップも出来ないですよね。 それとは別に、「私はちゃんとしいる」「私は責任感がる」「私はよく気がきく」「私は気遣いが出来る」「私は頑張って周りに貢献している」などと思い込んでいて、そのセルフイメージに自分をはめてしまって、息苦しくなってしまうことがありませんか? 私も「自分って思ったほど出来てないやん^^;;」とか「私、こんなに色々苦手だったんだ」とか自覚することが多く、周りの私のイメージが人によって色々違うんだ!などの発見があったりしました。そんな時、思い込みのセルフイメージにしがみ付いていると、無理に頑張ったり、自己嫌悪に陥ったりしてしまいます。 だから、そんな時はもう出来てない自分をあっさり受け入れてしまおう!ダメでもオッケー!そんな自分でオッケー! 「自分はこうでなければいけない!」と言うセルフイメージを持ち続けてたら、いつまでも苦しむことになりかねない。^^;; さて、2018年は、ダメな自分を受け入れて、どんどん楽になりましょう〜💕

11日 1月 2018
年も明けて、のんびりしてたら、鏡開きの11日にもなっちまったぜ!^o^ みなさま、良い年を迎えられましたか?2018年は色んな方が大変化の年である!とおっしゃっていますね^_^ 私は去年が大変化の年だったので、明けて今年は新しいスタートの年だと思っています。2017年までとは違う生き方を楽しみたいです^_^ そんな私が最近心掛けているのは、「丁寧にやる」ことです。 もともとがガサツでせっかちな性格なので、「丁寧」とは程遠い生き方をしていたのですが、この「丁寧」に色んなことをやってみるとある意味「瞑想的」であるな、、と感じるのです。それは、まるで日本に古くから伝わる茶道や花道などなど「道」にも通じることなのだな、と今更ながら気づきたりしました。まだまだ一日中「丁寧」には生活できてはいませんが、一つ一つの行動をじっくりと味わい、感じながら、「丁寧」に心掛けているだけで、わざわざ「瞑想」をしなくても生き方が「瞑想的」なっていきます。今年はまず、この「丁寧」を意識してスタートです!ブログに書くことで、意識付けしています(笑)!!

22日 12月 2017
今日は冬至ですね〜^^ 今夜も寒いからゆず湯であったまるのが楽しみです! 前回ブログでも書いた事だけど、今年はライフスタイルが変化したり、 自分の生きる方向が明確になったり、学びの多い年でした。 自分が変化すると人間関係も変化したりする事が多いですが、 私が居心地がいい人間関係は、 ちゃんと自分の思いや言いたい事が言える関係がいいな〜とつくづく実感しました。 人は自分が育ってきた環境で、言いたい事が言えなくなってしまう事があります、 でも、、、 これは心身にとって、とってもとっても不健康な事です。 言うのが怖い、、でも溜めてしまうと、恨み、怒り、嫉妬へと変容するでしょ〜。 2018年をクリアに迎える為にも、自分の中に溜まった不要なエネルギーは浄化したいですね。 できるだけ、溜め込んだエネルギーが腐る前に放出する習慣を身につけましょう!!^o^

20日 12月 2017
暮れも押し迫りましたね〜^^ 私にとって、2017年は怒涛の変化の年になりました。溺れそうになりながら、やっとこさ大きな波を乗りこなして「フゥ〜〜っ」と大きな溜息をついたら年末になってた!みたいな(笑)。 そんな感じの人、結構多かったんじゃないですか?今年は^o^?今でもまだ思い出すとちょっとドキドキする事がある、、、^^; でも、色々と学びが大きかったなぁ〜。自分のライフテーマとちゃんと向き合うことを覚悟すれば、レスキューは必ずやってくるし、サポートは用意されている。ブレない自分を見つける事ができて、振り返ればたくさんのミラクルにもう感謝しかない! 年末までまだ少しあるけれど、2018年の自分に「大丈夫!もうやり切ったから、自分の為に楽しい時間を過ごそうよ!本当によく頑張ったね〜」と言ってあげよう。💕今年もあと少し、頑張った自分にご褒美たくさんあげよ〜〜^^!

17日 10月 2017
ワンネス、、、 あなたしかいない、全ては一つ、他人はあなた、、 そんな気づきは何かをきっかけにやってくる。 人から言われた一言や態度に傷つき、ムカつき、抵抗した時。 その感情を眺めて、眺めて、味わってみる。 エゴがもがいているのをただ怖がらずに確かめてみる。 「あ、私だった、、全て私だった。」 「あなたが発した言葉にストーリーを創り上げていたのは、まさしく私だった。」 そんな気づきがきっとやってくる。 あなたは私。 そんな私と戦っていたのも私。愛しい私だ。 キュンとするハートが緩んで行くのを感じ、また一つ重荷を手放す。❤️

13日 10月 2017
イタリアの会議では日本の協会がアメリカから独立する承認を受け、来年からは独立した団体として、もっと自由にいろんな活動が出来る様になります。同時期に国際組織自体の機構変革もあり、メンバーの入れ替え、新しい体制のスタート。 いよいよこの波に乗って、ワクワクした新しい時代の幕開けを感じます。 滞在中、イタリアの協会を立て直したインストラクターと色々話す機会があり、協会の運営に関しても、そのコアになる私自身の「在り方」を見直すことができました。会議では今まで協会の運営を取り仕切って来たアメリカのやり方からもっと自由なヨーロッパのやり方へ移行していく風が吹いていた。誰かリーダーがいて、そのリーダーの言うことを聞く、そんなコミュニティの時代は終わっている。各自がやりたいことをやりたいやり方で自由に楽しくやる、そんな方法を探索、模索、遊びながらやっていく。時間がかかっても平和でハッピーでありたい、誰にも自分のハッピーを奪われてはいけない。いや、誰かが奪いにくるのではなく、奪わせているのは自分であり、それを決めれるのも自分なのだと忘れてはいけない。いつもいつも愛を送りたい。瞬間瞬間に幸せを選択したい。

13日 10月 2017
イタリアから帰国して、溜まった雑用に追われますが、 大好きな緑茶と米が疲れを癒してくれます〜日本人でよかった〜❤️と感じる瞬間ですなwwトリノでの英語の会議は睡魔に襲われてばかりでしたが、トレガーなので、やっぱりセッションタイムが嬉しかった〜!普段、あまりトレガーをやってもらえるチャンスがないので、インストラクターたちが顔を揃えるこの機会に恵まれて、ほんまに有り難かった〜😭 トレガーがアプローチと呼ばれるのは、 その人のあり方がそのままセッションとして表現されるから。トレガー博士がその「あり方」をずっと唱え続けてきたトレガーアプローチ。 押しつけるものではない、治そうとするものではない、その人を尊重し、寄り添い、受け入れ、自分自身は毎瞬間を平和でハッピーに生きる。眉間にしわを寄せて、一体何がそんなに深刻なの? 人生に必要なものは深刻さじゃなくて、 美味しいワインと笑いだよ! まさに、イタリアの風が吹き抜けて行って、そんな風に語りかけてもらったセッションでした。 迷惑かけないよう生きてるひとは「感謝しなさい」て言うのよね。 迷惑かけて生きてるひとは「ホントありがとう」っていうのよね。

28日 9月 2017
私がトレガーのインストラクターになって、そろそろ4年かな?レベル1からスタートして、去年からはレベル2も教え始めている。教えることは試行錯誤の連続、でもやりがいもあり。私のライフワークだと信じてる。 今年、レベル2を当初、7月に予定していたのだけれど、参加者の都合で秋に変更になり。秋なら参加できる生徒さんが増えそうで、変更を喜んではいたが、確定していた参加者が家庭の事情や家族の行事で来れなくなったり、再び確定していた日程を変更に追いやられることに。 さすがに、なぜこう言う現象が起こるのか少し意味を探りたくなる。購読している占星学系のメルマガでその意味がわかった。どうやらこの時期は「本当にこれでいいの?」「本当にこれがやりたいことなの?」とさそり座がお試しをかけてくるらしいのだ。^^;;思い返してみると、健康的や集客などの理由、自分主体ではなく、他人主体にしてしまう癖などで、本当にやりたいやり方でない部分があるのを見つけてしまった!なるほど、自分の意識の持ちようは甘かった。私が本当にやりたいことはこれだ!もう逃げないぞ!と肝が座った。いろんな出来事は実は愛で溢れてる!❤️

26日 9月 2017
LINE@のアカウントが新設されました! ブログよりもマメに更新されて、情報もいち早くお届けできます。 なんと、新規お友達登録で¥1,000offのクーポンプレゼントです♪ @qfb0842wで検索してくださいね〜! ↓ちなみに今日のつぶやきはこんな感じでした〜^o^ 「以前、トレガーの学びが果てしなく続くようだとこぼした生徒さんの話をブログに書いたが、 こちら→http://bit.ly/2k0y9mI その後、こんな言葉が浮かんでメモ書きにしていた。 [エゴはゴールを求めたがる. ゴールを目指している限り,達成したら、また次のゴールを求め,繰り返していくのがエゴ。 これを達成したら幸せになれる,それは幻想である. 今に幸せを見つけない限りは終わりはない.ゴールもない。」 幻想のゴールにたどり着くために苦労や努力が必要だと思い込んでいるのもきっと幻想なんやね。^^」

29日 8月 2017
トレガーアプローチはヨーロッパではリハビリなどで効果を発揮していて、理学療法士さんが現場で活用しています。 うちにも脳梗塞や怪我などで麻痺が残るクライアントさんが来られますが、病院でのリハビリは精神的にしんどくなったり、また、本人は十分に頑張っていても、もっと頑張らなければいけないと思ったり、周りからも言われることが多いようです。 トレガーのアプローチは頑張らず、無理なく、楽に、楽しく、自分のペースを取り戻すことを体に再教育して行くのです。 多くのクライアントさんは、メンタスティクスやセッションのあと、心が軽くなりホッとした表情で、心地よい体の変化に驚かれます。自分の体を大切することを改めて思い出されるのです。 セッションのあと、魔法の様に麻痺が治るわけではありませんが、魔法が解ける様に心や体への向き合い方が軽く楽になるのですね。本当に大切なのは、自分が本来の体との関わり方を思い出して、自分自身が変化することを選択して行くことなのです。

さらに表示する